生理用品サポート事業〜きんもくせいプロジェクト~

明石市役所からの情報


明石市では、長引くコロナ禍の影響による女性の経済的な負担を少しでも軽減するために、生理用品をお渡ししています。明石市では、長引くコロナ禍の影響による女性の経済的な負担を少しでも軽減するために、生理用品をお渡ししています。

 

 

【お渡しするもの】

【対象者と受け取り場所】

  1. 一般(明石市民と市内学校の通学者)
    あかし男女共同参画センター(アスピア明石北館7階)
    【受付】午前9時~午後5時、日・月曜日は休所
  2. 学生(明石市在住の学生、市内の学校に通学している学生)
    AKASHIユーススペース(パピオスあかし5階)(外部サイトへリンク)
    【受付】午前9時~午後5時、毎月最終水曜日は休所

【受け取り方法】

各受け取り場所の窓口に「きんもくせいプロジェクト」のマークがあります。

  • 窓口にあるこのマークを指さしていただければお渡しします。
  • または、窓口やトイレに置いている「きんもくせいプロジェクトカード」を提示していただくか、このマークをスマートフォンなどの端末で表示したものを見せていただく方法でも結構です。
 

きんもくせいプロジェクトマーク

 

きんもくせいプロジェクトカードデザイン

マーク

カード 

【お困りごとと相談について】

生活上のお困りごとがある場合は、生理用品受け取り時に、窓口のスタッフにお声掛けください。

《生活再建支援窓口に「きんもくせいプロジェクト相談窓口」を開設しました》

経済的に困窮している人への支援を行う生活再建支援の窓口に「きんもくせいプロジェクト相談窓口」を開設しました。プライバシー保護ができる面談室で女性相談員が相談に応じます。

【市立学校の取り組み】

市立の小・中・養護学校および明石商業高校(全43校)で希望する児童生徒に生理用品を提供します。

希望する児童生徒または希望する児童生徒の保護者から、お声掛けしやすい教員にご相談ください。

なお、市立学校においては5月以降も取組を継続する予定です。

 

【生理用品について】

きんもくせいプロジェクト用に生理用品3000袋を用意しています。また、防災用備蓄品270袋も活用します。

 

<関連リンク>

明石市役所ホームページ「生理用品サポート事業〜きんもくせいプロジェクト〜」


さっそくアプリを無料ダウンロード!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です