明石で新たに20代男性の感染確認 市内26例目新型コロナ 7月23日確認


明石市は7月24日(金)、

きのう新たに大阪市内在住20代男性の新型コロナウイルス感染が判明したことを発表しました。

あかし保健所での検査で判明したようです。

明石市内で新型コロナウイルス感染が確認されたのは26例目。

 

 

この度新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは、

大阪市内に住む20代の男性会社員(大阪市内)。

 

発表によりますと、

7月11日から鼻水、鼻詰まりの症状があり、

7月13日には動悸と嗅覚異常があったようです。

7月20日にも咳と喉の痛みの症状があり、嗅覚異常の症状も続いたため、大阪市内の医療機関を受診。

7月21日に明石市の実家に帰宅し、

7月22日に明石市内の医療機関の帰国者・接触者外来を受診。

7月23日にPCR検査での陽性が確認されました。

 

 

この男性は現在、明石市内のまた別の病院に入院中で、

海外渡航歴はなし。

同居人ありで、その他の濃厚接触者は調査中とのことです。

 

<関連リンク>

明石市HP「明石市における新型コロナウイルス感染症の 患者発生(陽性例)について


さっそくアプリを無料ダウンロード!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です