関西3府県緊急事態宣言解除決定 兵庫県は飲食店の時短要請も解除へ


大阪・京都・兵庫県の緊急事態宣言解除の決定が、きょう21日に政府から発表されました。

 

兵庫県は、これまで休業要請をしてきた施設や事業所について、業種により解除の方針を示しています。

例えば居酒屋を含む飲食店には午後10時までの営業という時短を要請していましたが、これを解除していく方針です。

その他様々な業種で休業や外出規制などの緩和に向かうようです。

ライブハウスや夜の接客を伴う店などは、しばらく休業要請を続けるようです。

 

 

 

また、高校や特別支援学校などの県立学校は、6月1日から再開の予定。

分散登校や教室内での距離の確保など感染対策を施しながら、段階的に本格再開を目指していくようです。

 

井戸兵庫県知事はきょうの夜、会見を開くとしています。

 

 

 

明石市でも、宣言の解除に伴って休業の緩和や解除が始まっています。

 

明石市の公立学校園も25日の週に1〜2回の登校日・登園日を設け、

6月1日からは通常登校・通常登園をするようです。

当初は午前中の授業や保育ですが、学校では6月3日から給食を開始できるように調整中とのことです。

 

加えて、明石市内の文化施設も部分的に開館が始まっています。

あかし市民図書館や西部図書館は、最初の3日間は事前予約者を優先するそうなのでご利用の方はご注意ください。

 

明石市 施設の開所状況

明石市の文化施設の開館について

 

なお、明石市での新型コロナウイルス感染者は、14日連続で確認されていません。

これ以上状況が悪化しないことを願ってやみません。

<関連リンク>

明石市HP「新型コロナウイルス感染症の検査状況について」


さっそくアプリを無料ダウンロード!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です