国の10万円支給への対応と学費支援(4/30市長記者会見より)


4月30日、市長が記者会見で大きく2つのテーマについて発表しました。

①国の一人あたり一律10万円支給の対応について、明石市のスケジュールや申請方法を発表しました。

②大学等の学費支援に向け、上限50万円の貸付を緊急支援策に盛り込みました。

 

明石市役所のホームページでも発表されていますが、

難しい言葉が並んでたり複雑に見えたりしたので、

要点だけかいつまんでお伝えしようと思います。

 

①国からの10万円支給開始に向けて

まず、国の一人あたり一律10万円給付についてです。

対象は4月27日時点で明石に住民票がある人

一世帯10万円ではなく、一人10万円です。

基本的には、郵送かオンラインでの対応となるようです。

一部窓口対応も予定しているようです。

 

スケジュール感としては

5月27日に、申請書類が市役所から各世帯に郵送されます。

翌28日から申請受付開始。

必要事項などを記入して返送する形になるのでしょうかね。

 

オンライン受付も5月28日から。

ただ、オンライン受付は前倒しできるように調整中とのこと。

また、オンライン申請の場合はマイナンバーカードと読み取り機が必要。

 

そして、実際に口座に振り込まれるのが6月中旬だそうです。

 

 

 

「え〜〜〜〜!そんなに先なの!?」

という声も聞こえて来そうですよね。

 

このスケジュールに対して泉市長は、

「生活にもキツキツの方に対してのある意味対応でありますので、全ての市民につきましては人口30万人の明石市としては、4月27日基準の住民票の移動状況の確認もしなければいけませんし、そういった意味におきましては、5月中に申請書をお送りして、6月あたりから各口座に振り込むという対応にならざるを得ません」

と述べています。

 

ただ同時に、

「本当にゴールデンウィークを越せないような、生活の苦しい方に明日現金をお渡しするイメージでありますし、4月に生活が立ち行かないという形で貸付を受けた方につきまして、何とか5月中にお手元にお金を届けたいという趣旨でありますので、それ以外の方につきましても急いでやりますが、同様の対応がとれるわけではなく、そこは率直なところ本当にお金がないと立ち行かないという方に対しての先行支給という理解をお願いしたいと思っております。」

とも話しています。

 

 

ん?先行支給?

 

と、これについては

「明石市としてはもう既に生活に困窮されてる方につきましては、速やかに現金をお渡しする必要があると考えて・・・(中略)・・・

すでに4月27日付けで、具体的に言いますと、4月15日までに既に特例貸付の振り込みを受けた人、つまり入金のあった方に対しまして申請書をすでにお送りしております。また特にその中でも、3月中に既に生活に困窮しておられて、貸付の申し込みをなさった方々に対しましては、個別にもしどうしても必要であれば、5月1日から現金の形になりますが、窓口での現金支給にも対応できるということをお伝えしているところでありまして、今のところ既に申し込みをいただいておりますので、明日5月1日午後1時から、明石市におきましてはそういった方々を対象に現金を世帯分お渡しするという形をとりたいと思います。そういった形で明日から実際の現金はお手元に行きますので、貸付というのではなくて、まさに現金支給で対応していきたいと考えております。」

と、先に話されていました。

 

つまり、先行支給については対象者に既に申請書が届いており、その受付も始まっているということだそうです。

 

 

なんにせよ、書類の到着を待って申請に行きたいですね。

また新しい発表が増えましたらお伝えしますね。

 

②大学等の学費貸付について

こちらは、以前の3つの緊急支援策に加えて、4つ目の策という位置付けだそうです。

3つの緊急支援策についてはこちら

 

対象者は、明石市内から市内市外の大学等に通っている人

大学等というのは、大学・短大・高専・定時制高校だそうです。

大学院や専門学校は今のところ対象外

 

金額は、令和2年度上半期学費相当額(上限50万円)

無利息・保証人不要の貸付で、所得制限もない。

在学中は返済の必要がなく、卒業や中退後5年以内に完済しなければなりません。

 

 

 

市長は会見で、

「まずは今回は大学、短大、高専、定時制高校を対象にしてスタートしたいと思います。状況を見ながら、もちろん出来ることはやっていきたいという思いはありますが、率直に財源の関係もありますし、実務の手続きもあります。」

と述べていて、

まずは今回対象の大学等だけど、今後大学院や専門学校を対象の支援も検討してもらえるのかなという印象です。

 

 

今後も様々な政策を検討、実行していくとしている明石市。

市民として、スピード感と実効力のある支援を望みたいですね。

 

関連リンクはこちら↓

明石市HP「記者会見 2020年(令和2年)4月30日」

明石市HP「緊急生活支援金事業の貸付内容の変更について」

明石市HP「特別定額給付金事業の実施について」

 

[5月1日18:29 追記]

明石市HP「特別定額給付金(仮称)のお知らせ(2020年5月1日更新)」


さっそくアプリを無料ダウンロード!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です